下地補修工事

外壁のひび割れやモルタルの浮きなどを放置していませんか? ほんの小さなひび割れでも、水分は容易に建物に浸入します。
水分が入ってしまうと、コンクリートや鉄骨が傷ついたり、雨漏りの原因となってしまうため、定期的なメンテナンスが欠かせません。

劣化の症状は外壁の種類によって異なりますので、気になる症状がある場合はすぐにご相談ください。

■ エポキシ樹脂注入工事

鉄筋コンクリートの建物は、経年による劣化や天災などによって外壁にひび割れ・欠損・浮きなどの欠陥が生じます。
こうした場所を補修するのが、エポキシ樹脂注入工事。
浮き部に注入材を入れ、建物の耐久力を向上させられます。

■ 外壁別! 発生しやすいトラブル一覧

□サイディング

現在最も一般的な外壁材で、窯業系サイディング・金属系サイディング・セラミック系サイディングといった種類があります。
デザイン・カラーも豊富で、選択肢が多いのも特徴です。

▼発生しやすいトラブル
・目地部分のシーリングの劣化
・ボードの反りや変形
・塗膜の劣化によるひび割れや腐食

□モルタル

水・セメント・砂を混ぜて作られたモルタルが原料の外壁材です。
これまでは多くの木造住宅にモルタル外壁が使われてきましたが、防水機能が十分でないため、10年ごとの塗り替え工事が必要です。

▼発生しやすいトラブル
・ひび割れやかけ
・腐食による剥落
・カビやコケの発生

□タイル

粘土を原料に、各種の鉱物を混ぜ合わせて作られた外壁材です。
耐候性や耐久性・耐火性に優れているため、メンテナンスの必要はほとんどありません。その分、他の外壁材よりも初期費用や施工費が若干高価になっています。

▼発生しやすいトラブル
・外部から衝撃を受けた際に発生する割れやかけ
・接着剤や目地部分の劣化

□ALCパネル

硅石・石灰・セメント・アルミニウムを混合して作られたパネルです。
日頃よく目にするコンクリートよりも軽く、断熱性能に優れています。

▼発生しやすいトラブル
・塗膜の劣化によるひび割れや変形・腐食
・外部からの衝撃を受けた際に起こる割れ・かけ

一覧ページに戻る