バルコニーの防水工事を行いました

こんにちは

 

バルコニーの防水工事の一連の流れを

紹介させていただきます😊

 

まず元の状況から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【元々の防水施工が剥がれてしまってます!】

 

そしてまずは下地処理といって

浮いた既存防水をはがしたり

凹凸を斫ったりという処理をします!

 

【皮スキ、スクレーパーといった道具を使います!】

 

そして次に凹んだ箇所を下地処理剤を使い

埋めていきます!

【凹みを埋める事で平面にしていきます!】

 

そして時間をあけて乾いたら

次に下塗りでプライマーという材料を塗布していきます!

 

【プライマーとは下塗り用の接着剤のようなものです!】

 

 

そしてプライマーが乾いた後に

入隅部やひび割れ箇所がある場合は

コーキングで埋めていきます

【コーキングガンという道具で抽出し、ヘラとバックというスポンジのような道具で慣らしていきます!】

 

 

そしてコーキングが乾いたら

いよいよウレタンを塗布していきます!

【綺麗な水色ですよね!もちろん室外機も上げ、室外機の下もしっかりと!】

 

そしてウレタンが乾いたあとに

トップコートという遮熱効果のある仕上げの材料を塗布します!

【トップコート塗布する事で遮熱効果やゴミが溜まりにくくなったりという効果もあります!】

 

全てキレイに塗り終えたら完成です!

【このように見違えるようにキレイに仕上がってます😄】

 

これが一例ではありますが

防水工事の一連の流れになります!

 

ブログだけじゃなく、Instagramの方も更新してますので、ぜひぜひフォローもよろしくお願い致します!

板谷のInstagram

https://instagram.com/sd_realize_hangai?igshid=sjy38tksphuj

代表のInstagram

https://instagram.com/suzu.dai130?igshid=t4nije47afjh


一覧ページに戻る